file

[cft] ショートコード Format 内で画像を簡単に出力する方法

[cft] ショートコード Format を使用してあらかじめ成形したコードでカスタムフィールドを出力するケースはかなり多いと思いますが、file タイプはそのままだとID出力になってしまい、画像として出力はされません。

例えば、以下のような file タイプがあったとします。

[sample_image]
type = file

そして、以下のような [cft] ショートコード Format を設定したとします。

[cft format=1]
<dl>
<dt>画像</dt>
<dd>[sample_image]</dd>
</dl>

上記では、[sample_image] の部分がID出力となり、画像としては出力されません。[cft] ショートコード Format 内では PHP を使用することもできるので、PHP で出力させることもできますが、単に画像を出力させるだけであれば、簡単にできます。


“[cft] ショートコード Format 内で画像を簡単に出力する方法” の詳細は »

file タイプでアップロードされた画像を簡単に出力する方法

カスタムフィールドテンプレートでは、カスタムフィールドで画像のアップロードも行えます。画像などのファイルの登録には、file タイプを使用しますが、この file タイプを使用して登録された画像を [cft] ショートコードを使用して簡単に出力できます。

file タイプでアップロードされた画像を簡単に出力する方法は、以下をご覧ください。


“file タイプでアップロードされた画像を簡単に出力する方法” の詳細は »

file タイプ

file タイプを使用することでファイルのアップロードを利用できます。通常のWordPress でファイルのアップロードを行うには、メディアライブラリを使用する必要がありますが、file タイプを使用することでファイルのアップロードをカスタムフィールドテンプレート内に含めることができます。また、投稿記事と関連付けることも可能なので、メディアライブラリのギャラリーからファイルを再利用することも可能です。

なお、file タイプでアップロードするには、記事の保存または公開をする必要があり、カスタムフィールドテンプレートの右上にある保存ボタンではファイルをアップロードすることはできません。

file タイプの詳しい使用方法については以下をご覧ください。


“file タイプ” の詳細は »

タイプ

カスタムフィールドテンプレートで設定可能なタイプ属性について説明いたします。

break タイプ
reak タイプを使用することで、カスタムフィールドテンプレートの入力欄の div ボックスを区切ることができます。テンプレート内の任意の箇所で div ボックスを新しく始めることができるので、スタイルシートを設定すれば、テンプレートの入力欄を2列や3列に変更することができます。
fieldset タイプ
fieldset タイプを使用することで、カスタムフィールドテンプレートのボックスの中でフィールドセットとして各種フィールドをまとめることができます。フィールドセットを複製することも可能で、より柔軟な入力フィールドを構築することができます。
text タイプ
テキストインプットフィールドを表示します。date オプションを使用すると、日付をカレンダーから入力できるようになります。
checkbox タイプ
チェックボックスを表示します。
radio タイプ
ラジオボックスを表示します。
select タイプ
セレクトボックスを表示します。
textarea タイプ
テキストエリアを表示します。
file タイプ
File タイプを使用することでファイルのアップロードを利用できます。通常のWordPress でファイルのアップロードを行うには、メディアライブラリを使用する必要がありますが、file タイプを使用することでファイルのアップロードをカスタムフィールドテンプレート内に含めることができます。また、投稿記事と関連付けることも可能なので、メディアライブラリのギャラリーからファイルを再利用することも可能です。