カスタムフィールド

カスタムフィールドの入力をチェックする方法

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)では入力される値をリアルタイムにチェックするバリデーションの機能も搭載しています。

バリデーションの実装は簡単で、各フィールドの class に必要に応じたクラス名を指定するだけです。

バリデーションについては詳しくはこちらをご覧ください。


“カスタムフィールドの入力をチェックする方法” の詳細は »

FAQ編

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)の使用方法でよくある質問と解決策を目的別でまとめてみました。同じ内容がマニュアルにも記載されている場合もあります。

  1. テキストエリア内のテキストを自動改行する方法
  2. ショートコードを投稿欄以外で使用する方法
  3. file タイプでアップロードされた画像を簡単に出力する方法
  4. multiple = true を指定した際に、フィールドの値の順序を保持する方法
  5. カスタムフィールドの入力をチェックする方法
  6. [cft] ショートコード Format 内で画像を簡単に出力する方法

より実践的なカスタムフィールドテンプレートの利用方法を今後も追加していく予定です。

基本的な仕組み

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)プラグインをインストールすると、管理メニューの設定の中にカスタムフィールドテンプレートという項目が出てきます。カスタムフィールドテンプレートの設定は全てこのページから行います。

カスタムフィールドテンプレートオプション

カスタムフィールドテンプレートオプション

最も重要なのが、カスタムフィールドテンプレートオプションです。カスタムフィールドテンプレートの基本的な設定をここで行います。インストール後は、デフォルトのサンプルが TEMPLATE #0 に設定されています。

デフォルトでは、TEMPLATE #0 と #1 の2つしか入力欄がありませんが、#1 のテンプレートコンテンツを入力し保存すると、新しく #2 の入力欄が表示されます。テンプレートはいくつでも設定できます。


“基本的な仕組み” の詳細は »

設定編

WordPress には、カスタムフィールドというメタ情報を投稿時に追加する機能がデフォルトで搭載されています。しかしながら、デフォルトのカスタムフィールドの入力欄は、名前と値を入力するだけどいう大変シンプルな作りになっています。

デフォルトのカスタムフィールド入力欄

デフォルトのカスタムフィールド入力欄

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)を使用すると、この名前と値を入力する部分を、分かりやすく入力しやすいインプットフィールドに置き換えることができます。

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)による入力欄

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)による入力欄

Custom Field Template (カスタムフィールドテンプレート)では、様々な入力方法をサポートするため、非常に多くのオプションが用意されています。詳しくは以下をご覧ください。